現場シートを購入するには流れを知るべき

現場シートを購入するには流れを知るべき

建設現場

料金を調べる

ネットから現場シートを買う場合には、まず見積もりをだしてもらい、どのくらいの料金がかかるのかきちんと確認しておくといいでしょう。その方法として、専用フォームをクリックしたら、会社名や担当名、郵便番号、電話番号などの項目があるので、間違いがないように入力していきます。そして、赤文字で表記されているものは必須項目となっているので、入力漏れがないようにすすめると良いでしょう。次に、現場シートのサイズや数量、素材などを選択して送信ボタンを押すだけで、査定を完了させることができるのです。送信してから見積もりが届くまでに1日もかかりませんが、定休日によっては数日かかることもあります。最後に、査定額に納得がいけば、本申し込みをするという流れになります。また、不明点があれば、問い合わせフォームから気軽に質問をすることができるので、利用してみると早期に問題を解決することができるかもしれません。

デザイン決め

防炎ターポリン2類や防炎メッシュ1類2類などが書かれているページが現れるので、その中からサイズを選択するといいでしょう。そして、ダウンロードをすることで、詳細を知ることができるようになっています。そして、ファイヤーストレージ、注文フォーム入稿。メディア入稿など3種類があるので、自分に合った方法を選ぶと良いでしょう。また、それぞれの使い方は分かりやすく説明されているので、初心者さんでもすぐに現場シートを注文することが可能となっています。

納期について

完成したら早くて3日、遅くても1週間ほどで商品を手に取ることができます。しかし、製作中にトラブルがあった場合は、それ以上の日数がかかってしまうこともあります。もし期限があるのなら、早めに注文をしておくといいでしょう。他にも、災害によって現場シートを定日までに発送や納品することができないこともあり得るので、その時は電話で連絡がくるでしょう。

送料が必要

現場シートを一つでも発注をしたのであれば、送料を支払わなければなりません。そして、沖縄や北海道、離島に関しては、プラスの料金が発生してしまう可能性もあるので、予めどのくらい送料がかかるか訊いておくと良いでしょう。

便利な支払い方法

支払い方法はたくさんありますが、その中でも一番便利なものがクレジットカードとなっています。多数のクレジットカードに対応しているところがほとんどなので、今すぐにでも現場シートが欲しいというときにもスムーズに購入できます。

広告募集中