現場シートがあれば歩行者の目に留まる

作業員

工事現場の立役者

現場シートは、工事中の音を抑えるための養生シートに貼られている広告幕のことを指しています。そして広告幕には、工事をしている不動産会社の名前や、マンションであれば入居者募集などというものが掲載されているのです。

特質

土木工事現場で用いられることで知られている土のう袋ですが、ほかにも災害時や爆発物の処理現場でも利用されています。これらは、従来では専門店でしか手に入れることができませんでしたが、最近ではウェブサイトからも簡単に入手することが可能になっています。

素材とサイズの選び方

費用が安い

2類ターポリンは最もポピュラーな現場シートとなっており、多くの工事現場で使用されています。また、料金も圧倒的に安くなっています。ですので、コストダウンを優先したい場合は、こういった素材を購入してみるといいでしょう。

しっかりした素材

2類よりも1類ターポリンの方が厚みがあって、破けにくくなっているので、質を重視したい方に打って付けの商品となっています。少々値段は張りますが、強風に当たってもびくともしないのは嬉しいですよね。

高所に最適

高い場所になればなるほど風当たらりが強くなってしまいますが、メッシュターポリンなら表面に穴が開いているので、強風でも耐えることが可能になっています。なので、高層ビルを建てる場合に向いています。

大きいサイズ

アパートなどを建てて入居者を増やしたいと考えているのであれば、 横が1800mmで縦が3600mmのものがいいとされています。そうすれば、通行人だけでなく、車やバイクのドライバーでも見ることが可能です。

最小はコレ

横1800mmで縦5400mmのものがあるので、一軒家や2階建て程度のあまり高くないところに使用するのに適していると言えるでしょう。しかし、きちんと広告の機能を果たしているので、印象づけることができます。

広告募集中